PROFILE
エバス君
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< April 2014 >>
ARCHIVES
LINKS
OTHERS

オーバーシーズ トラベルのスタッフブログ

トラベルレポーター エバスくんが案内する海外旅行の魅力!
★エバス君が海外のおすすめ情報をお知らせします★
ウォーク ウィズ ライオン Part2
こんにちは!エバスです!

では、お待ちかねのウォーク・ウィズ・ライオン(約1時間)ですが、大人・子供とも10,800円(3,000ルピー)とかなりの高額ですが、やはり今のところモーリシャスのここだけでしか味わえない体験ですから、毎日予約でいっぱいです。園内の中間地点まで来ると、バスに乗り、ライオン達が住むパーク奥へ入っていきます。

いよいよツアーの出発地点へ来ると、貴重品を入れる小屋2軒と、お手洗い、アクティビティ終了後写真販売のカウンターと売店が併設していました。

このパークには約30頭のライオンがいるようですが、その中にたった6匹だけ世界でも珍しいホワイトライオンがいます。ウォーク・ウィズ・ライオンは最大12名のグループで2匹のライオンと一緒に歩くツアーですが、どのライオンが出てくるかはその時次第。たまたま檻の中にいるホワイトライオンを見かけましたが、あの貴重なライオンができ来るかは運次第。またガイドの他にサポートのスタッフ2名とカメラマンが1名一緒に来ます。説明はすべて英語かまたはフランス語で行われるため、オプショナルツアーで参加される前には日本語スタッフが注意事項をあらかじめ伝えておきますが、ごく稀に英語が全くわからない=危険とスタッフが判断した場合にはご遠慮をいただいているそうです。



事前の準備としては森の中に入る為、日焼け止め、虫よけと足指の見えない靴(サンダル不可)となります。実際に動く前に貴重品はすべて小屋の中に入れ、カメラのみ持参。免責証明書にサインをした後、木の棒を持ってライオンに対する注意事項を聞きます。大声をあげないこと、走らないこと、必ずライオンの後ろを歩くこと、ライオンと自分の間に必ず木の棒を置くこと、必ず1グループ固まって歩くこと、など。



そして・・・やってきたのは1歳の男の子 ジンボ(茶色)と2歳の女の子 ジュラニ(白色)!
甘えんぼで落ち着きのないジンボに比べ、ちょっと大人のジュラニは落ち着いていて、私達のグループは主にジュラニと触れ合うことに。まず木に登っているところを、それぞれ一人ずつ前に進み、(実際には木の前で横一列に並んで見ています)写真を撮ることに。2名のスタッフが2匹をあやしながら、生肉で釣りながら、落ち着かせます。落ち着いたところで、また一人ひとり前に出て、背中に触れます(必ず触れるのは背中のみ!)背中の毛は以外に剛毛なのですが、ライオン側からすると蚊が止まっているような感覚で意外に感覚は鈍いようです。目の前にはカメラマンがいて、写真を撮ってくれ後で販売してくれます。



実際に歩いている時間としては約30分ほどだと思うのですが、目の前の2匹を見てるだけでも貴重な体験です。
ライオンとは言え、猫科ですからしなやかな身体を持っていて、木に登る時はしっぽがピーン!となってバランスを取っているのが分かります。また、2本脚で立った時なんかは1歳児とはいえ、ほぼ人間と同じ高さになるのですから、これが襲ってきたら、と思うとゾッとするどころではありません。実際大人になると3メートル近くになりますので。わざわざケニアの人たちも見に来るのは、向こうでは野生のライオンしかいないから(笑)とのことです。ここのライオンはこの地で生まれ育ったものがほとんどです。

モーリシャス、というとラグジュアリーリゾートで、海のイメージがありますが、さとうきび畑が広がる内陸部にも楽しみは沢山あります!是非、モーリシャスへ行く際には、貴重なウォーク ウィズ ライオンを体験してみてください!

人気ブログランキングへ


モーリシャスツアーなら「バケーション」ヘ

海外ツアーのお問い合わせ・ご予約は
こちらから
営業時間 09:30〜18:30 (毎週月〜金曜日)
| モーリシャス | 11:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
ウォーク ウィズ ライオン Part1
こんにちは!エバスです!

今回ご紹介するのは、アフリカ大陸にも近い、インド洋のラグジュアリーリゾート:モーリシャスです。そのモーリシャス観光で、今一番人気のあるオプショナルツアー「Walk with Lion(ウォーク ウィズ ライオン)」を体験してきました!

「Walk with Lion(ウォーク ウィズ ライオン)」が体験できるのは、カゼラ ネイチャー&レジャーパーク。このツアーは大人気で、しかも催行日時が限られているため、日本で事前予約が必要です。
営業時間(冬:5月〜9月)09:00〜17:00 (夏:10月〜4月)09:00〜18:00


場所は、モーリシャス島内では西に面し、モーリシャスでもベストビーチと言われるフリッカン・フラックの近くです。これからの5月〜9月は冬にあたるため東海岸〜南海岸は偏西風の影響で風が強く、滞在にはあまり適しません。その代わり北海岸や西海岸に滞在すれば、冬とはいえ平均気温20度のモーリシャスを楽しむことができます。今回滞在した南海岸のリゾート(Bel Ombre)からは丘陵地帯を超え、車で約30〜40分で到着。



「Walk with Lion(ウォーク ウィズ ライオン)」は所要時間としては約1時間。日曜を除く9時、10時半、14時、15時半の計4回催行されます。(要予約)年齢制限15歳以上、身長制限150儖幣紊箸覆蠅泙后

カゼラの入り口は2つあり、一般のお客様がチケットを買うために長蛇の列になる入口と、ツアーオペレーターと書かれた、予約済み(バウチャー持参)の入り口があります。日本ですでに予約済みのお客様は並ぶことなく、ツアーオペレーターの入り口より入園します。入口を入るとすぐに売店があり、有名なドードー鳥のぬいぐるみも含んだ総合的なお土産ものが並びます。実は園内にはもう1箇所売店があり、それはウォーク・ウィズ・ライオンの入り口にあり、そちらはウォーク・ウィズ・ライオン関連のグッズやぬいぐるみが並んでいます。



ウォーク・ウィズ・ライオンの場所は園内の一番奥にあるため、入口から中間地点まで徒歩になります。このパークはウォーク・ウィズ・ライオンだけではなく、サファリカー、セグウェイ、バギーカーでの園内めぐり、ライオンとの触れ合い(ウォーキングなし)ジップライン(高さ400メートルを駆け下りる)など様々なアクティビティが楽しめます。ただし、通常のオプショナルツアーで紹介されているのは、ウォーク・ウィズ・ライオンのみで、ライオンと一緒に歩いたり、触ったりできる体験はやはり格別だと思います。園内にはその他にもチーター、ワラビー、ゾウガメなど珍しい動物達も見ることができます。基本、柵1枚だけしか隔てはありません。園内の入場料だけですと、大人 1,300円(360ルピー)、子供 800円(220ルピー)とお安いですが、ここまでの足がないので、タクシー等のチャーターまたはツアー参加が必要となります。

Part2へ続く・・・

人気ブログランキングへ


モーリシャスツアーなら「バケーション」ヘ

海外ツアーのお問い合わせ・ご予約は
こちらから
営業時間 09:30〜18:30 (毎週月〜金曜日)
| モーリシャス | 11:15 | comments(0) | trackbacks(0) |