PROFILE
エバス君
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< September 2016 >>
ARCHIVES
LINKS
OTHERS

オーバーシーズ トラベルのスタッフブログ

トラベルレポーター エバスくんが案内する海外旅行の魅力!
★エバス君が海外のおすすめ情報をお知らせします★
<< ダナン パート | main | おしゃれな4つ星ホテル☆ナウミホテル☆ >>
シンガポールでインド料理☆
シンガポールはマレー系、中国系、インド系とその他様々な民族が暮らす多民族国家です。
英語、マレー語、中国語(北京語)、タミール語の4つの言語が公式言語なのです。

そんな国だから楽しめるお料理もたくさんありますup

今回は新しく注目されているデンプシーヒル(Dempsey Hill)でインド料理モグモグ

デンプシーヒルはオーチャードから車で約15分。植物園の近くにある元英国陸軍キャンプの跡地を利用した、今注目のエリアです。
広い敷地に点在する平屋の建物にお洒落なカフェやレストラン、家具屋さんなどが並んでいます。
 
ガイドさん曰く、「日本の代官山」とのことですが、贅沢な敷地の使い方は郊外のアウトレットモールのようでした。

その中にあるVintage Indiaに行ってみました!
 
                       中に入るとこんな感じup

セットされているお皿も素敵ですラブラブ


では、お食事スタート!
前菜のパパド(パリパリしたおせんべいのようなものにパクチーやピリ辛のディップをつけて食べます。
タングリー・ケバブとマッシュルーム。
 

メインのカレー四種(フィッシュカレー、ラムカレー、ほうれん草とチーズのカレー、レンズ豆のカレー)とライス&ナン。
デザートはアイスクリーム&カラジャムーン(ミルクとカッテージチーズのドーナツ)
  

お食事が終わって最後に出てきたのは、スパイス各種!
これを食べると口の中がさっぱりするんだってラッキー


スパイスたっぷりのお料理だとなかなか日本人の口には合わないけど、
ここのお料理なら大丈夫イケテル
スパイスも主張しすぎず、火を噴くような辛さでもなく、たっぷり食べることができましたモグモグ


☆おまけ☆
Vintage Indiaのウェイターさんは格好いい制服を着た(おそらく)インド人の方。注文すると首を傾げるんです。。
「英語が通じなかった汗」なんて思っていたら、これはインド式の「YES」なんですってたらーっ
ぜひ、返事の仕方にも注目してみてくださいね!


人気ブログランキングへ

パソコンバケーションホームページは
こちら

バケーションツアーのお問い合わせ・ご予約は便箋鉛筆
オーバーシーズトラベル ツアーセンター 月曜日〜金曜日 9:30〜18:30
ケータイ03−3567−1202 または ケータイ03−3567−4101 まで
| シンガポール | 14:01 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.evass-kun.jp/trackback/134647