PROFILE
エバス君
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< September 2016 >>
ARCHIVES
LINKS
OTHERS

オーバーシーズ トラベルのスタッフブログ

トラベルレポーター エバスくんが案内する海外旅行の魅力!
★エバス君が海外のおすすめ情報をお知らせします★
風の街 バクー
こんにちは、エバスです!

今日はアゼルバイジャンの首都 バクーの街をご案内します。

実はこの街、ある有名映画の舞台になっています。
・・・それは、あの「007」びっくり
ピアーズ・ブロズナン主演の「World is not enough」がそれ。
興味のある方は、是非ご覧になってみてください。

さて、「バクー」という名前は現地の言葉で「風の街」
カスピ海を望む、丘の上から街を眺めると、どこからか強い風が吹いてきます。



この丘は、1991年 アゼルバイジャンが国として独立するきっかけとなった事件の犠牲者のお墓があり、共同慰霊碑が建てられています。



この丘の上から降りていくと、バクーの市街地に入ります。
バクーの市街地は旧市街と新市街があり、また世界遺産が2つあります。

まずは、旧市街の城壁の中にあるシルヴァンシャー宮殿から。
シルヴァンシャーは、861年から1539年まで続いた王朝で、宮殿は15世紀に建てられたイスラム建築様式。中には100以上の部屋があり、宮殿本体,地下墓地,ミナレット付きのシャー(国王)のモスク,霊廟,貯蔵庫,浴場などがあります。残念ながらエバスが行った時は、中に入れなかったので、周囲の写真だけ紹介します。



そして、もう1つの世界遺産はバクーのシンボルとも言える「乙女の塔」



最初に塔が建てられたのは、紀元前67年頃。現在残っている塔は12世紀頃に再建されたものだそうです。主に石灰岩が用いられ、直径16.5m、高さ28m、内部は8層になっているようですが、エバス登れず・・・冷や汗

何故「乙女の塔」と呼ばれるかの所以ですが、侵略してきたモンゴルの王から結婚を強制された地元の娘さんが自ら命を絶ってしまったというお話から来ているようです。いつの時代も悲しいお話は残るものです。

またこの乙女の塔の周りには、昔の市場の遺跡が復元展示されています。シルクロード貿易の拠点として栄えた街ならでは、なのではないでしょうか?



そして、この場所から絶景が眺められますびっくり



旧市街の建物と、新市街に建つ新たなシンボル、3つのビル。多目的商業ビルですが、まるで三つ子のようなビルです。

この乙女の塔の奥を進んで行くと、昔のキャラバン隊の住処だった場所を改築したレストランがあります。



中庭に面した個々の入口を入ると、食事ができる小さな部屋に区切られています。



かつてのキャラバン隊に想いを馳せながら、料理を楽しむのも乙ではないでしょうか?


人気ブログランキングへ

パソコンバケーションホームページは
こちら

バケーションツアーのお問い合わせ・ご予約は便箋鉛筆
オーバーシーズトラベル ツアーセンター 月曜日〜金曜日 9:30〜18:30
ケータイ03−3567−1202 または ケータイ03−3567−4101 まで
| アゼルバイジャン | 19:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
アゼルバイジャン ヘイダル・アリエフ国際空港
こんにちは、エバスです。

今日はアゼルバイジャンのヘイダル・アリエフ国際空港のご紹介です。

「アゼルバイジャン」・・・・どこ?冷や汗

という声が聞こえてきそうですが、カスピ海に面する、石油、天然ガスなどの産出国で、旧ソ連から独立したのが1991年と、わずか独立して20年あまりの国です。

このアゼルバイジャンの玄関口、ヘイダル・アリエフ国際空港は現在、改修工事の真っ最中。エバスが訪れた時は、ほんの一部新しい外壁ができあがっている状態ですので、まだまだこの建物は健在のようです。遠目から見るとパゴダのような空港ターミナルビル。首都バクーからは車で約40分〜1時間。



アゼルバイジャン航空の本拠地。



ボーディングブリッジも数本ありますが、航路によってはターミナルから歩いて、航空機へ行く場合もあります。

航空機から降りて、ターミナルビルに入るとすぐに下へ降りる階段があり、もう降りる階段から入国審査の黄色いカウンターが見えます。

まるで旧ソ連時代のような、濃緑色の軍服を着た係官が審査にあたりますが、顔認識カメラもあり、時間も結構かかります。(一人あたり3〜5分)※アゼルバイジャン入国には日本で事前に査証取得が必要です。

入国審査が終わるとすぐ目の前の預け荷物が出るターンテーブルが。



振り返ると、小さな免税店。やはりウォッカやジンが多い・・・



荷物をピックアップすると、一度X線検査があり、外へ出ることができます。

出国する時は2階へあがる前に一度X線検査、チェックインの前にX線検査があります。お手洗いは出国審査までないので、チェックイン前に。2階には、小さなキヨスク兼お土産店が2店、カフェが奥に1つあります。

意外に液体に関しては何も言わない・・・冷や汗



チェックインカウンターは10個ほど。カタール航空は左端に位置していました。出国審査を抜けると、ゲートは1〜8番が振られていますが、今回はぎりぎりになってゲート番号が変わり、カタール航空の係員が本来のゲートを通り過ぎていったので、気づいたようなもの。

免税店も1件ありますが、品数はさほどありません。アゼルバイジャンのおみやげ・・・ほとんどの人が紅茶を買っていました。後はアゼルバイジャンのワイン。すっきりして飲みやすいのが特徴です。カフェやレストランも1件ずつありますし、ちょっとしたお土産店も2つほどありました。

実はエバスが2月初旬にアゼルバイジャンに行った際は、ヨーロッパを襲う大寒波のため、フライトキャンセル、空港閉鎖になりました。こればかりはしょうがない・・・悲しい翌日再トライして、お天気回復、無事旅立つことができました。

見てください。滑走路も雪だらけ・・・



貴重な経験をつんだ、エバスでした!

人気ブログランキングへ

パソコンバケーションホームページは
こちら

バケーションツアーのお問い合わせ・ご予約は便箋鉛筆
オーバーシーズトラベル ツアーセンター 月曜日〜金曜日 9:30〜18:30
ケータイ03−3567−1202 または ケータイ03−3567−4101 まで
| アゼルバイジャン | 17:22 | comments(0) | trackbacks(0) |